技術アドバイザー(50音順)確認


氏名; 石田 洋治(いしだ ようじ) (工学博士)
専門分野; 空気力学、境界層理論、翼理論、風車翼
主要経歴; 東京大学工学部航空学科卒、航空宇宙技術研究所、独立行政法人航空宇宙技術研究所にて超音速翼の空力性能の研究、境界層(特に乱流)理論、層流制御技術の研究(特許取得)、低速および超音速風洞の維持・管理、省エネ航空機、小型超音速機のプロジェクトに参加、小型風車開発プロジェクト(科学技術庁風トピア計画)に参加、企画調整室長
技術応用; 層流制御翼、効率最適化風車翼、航空機の抵抗最小化技術

氏名; 日下 和夫(くさか かずお)
専門分野; 計測工学、ロケット工学
主要経歴; 旧航空宇宙技術研究所勤務、宇宙航空研究開発機構勤務、航空機部材の各種評価試験、ロケットエンジンの開発試験、高空環境下での性能評価試験等の計測業務
技術応用; 赤外線温度計によるエンジン冷却溝の欠陥検出(特許取得)。
歪ゲージによる極低温/高温環境時の歪測定技術。
真空環境下での測定技術。

氏名; 熊川 彰長 (くまかわ あきなが) (工学博士)
専門分野; ロケット工学、伝熱工学、傾斜機能材料
主要経歴; 東北大学精密工学専攻、航空宇宙技術研究所勤務、宇宙航空研究開発機構勤務
技術応用; 再生冷却ロケットエンジン、傾斜機能材料、TBC

氏名; 鈴木 誠三(すずき せいぞう)
専門分野; 空気力学、航空宇宙工学
主要経歴; 科学技術庁航空宇宙技術研究所空力性能主任研究官、新型航空機研究G 第一研究GL、宇宙研究G 第一研究GL、革新宇宙プロジェクトC 計画管理室長、NAL/NASDA・HOPE研究開発チーム 総括班長、宇宙システム研究G 企画調整室長。
技術応用; 遷音速風洞制御技術の研究、遷音速風洞気流特性の研究、遷音速翼型の研究、飛行性能の研究、操縦面空力性能の研究、ACT技術の研究、風洞内フリーフライト技術の研究、ロボット技術の研究、宇宙往還機(HOPE)の研究。

氏名; 鎮西 信夫(ちんぜい のぶお)
専門分野; 空気吸い込み宇宙推進、超音速流体力学
主要経歴; 昭和43年から平成15年:航空宇宙技術研究所~JAXA
技術応用; スクラムジェット

氏名; 寺田 博之 (てらだ ひろゆき) (工学博士)
専門分野; 材料力学、破壊力学、安全工学
主要経歴;
1965~2003 航空宇宙技術研究所において一貫して疲労・破壊および安全工学に関する実験的また理論的研究を行った。
この間、強度研究室長、破壊力学研究室長、企画調整室長、業務部長等を歴任
1983 工学博士(東京大学航空)
1977~1978 米国リーハイ大学留学
2003~ 航空宇宙技術振興財団理事、日本非破壊検査協会理事、
大学評価・学位授与機構、評価部会副部会長、
ICAF(国際航空疲労委員会)日本代表  等を歴任
技術応用; ・各種材料・構造の疲労・破壊の原因調査、破壊防止対策に関する相談に応じます。
・材料の疲労問題や破壊力学についての社員教育を行います。
・構造の耐疲労設計技術、また損傷した破断面の見方について指導教育を行います。
・新技術・新製品の海外展開の方法に関する相談に応じます。

氏名; 鴇田 正雄(ときた まさお) (工学博士)
専門分野; 放電プラズマ焼結(SPS)技術、材料工学、機械工学、焼結、接合、傾斜機能材料
主要経歴; ジャパックス(株)/住友石炭鉱業(株)にて放電・電解現象を利用した電気・物理・化学的な材料合成加工法および装置に関する研究開発に従事。各種研究・生産用SPS装置、FGM、ナノ材料、セラミックス、希土類磁性材料、多孔質材料他など新素材開発と事業化。大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学後期博士課程修了
技術応用; 傾斜機能性超硬材料、セラミック-金属系傾斜機能材料の合成、プレス金型、耐食・耐摩耗部品、切削工具、超耐熱材料、WC/Co系超硬金型、バインダレス超硬、非球面ガラスレンズ金型、薄刃切断ブレード工具、メタルボンドダイヤモンド砥石、ホモジナイザー部品、ウェルダブルFGM超硬、マシナブルFGM超硬、セラミックスノズル、各種スパッタリングターゲット材料、Nd-Fe-B/SmCo希土類磁性材料、CNT/CNFコンポジット超放熱材料、熱電変換材料、チタン合金、HAPバイオ材料、人工骨、人工関節、SPS接合法による冷却構造付プラスチック金型、スプルー部品など。

氏名; 戸田 勧(とだ すすむ) (工学博士)
専門分野; 航空宇宙構造力学、宇宙システム工学、スペース・デブリ
主要経歴; 航空宇宙技術研究所、宇宙開発事業団、及び宇宙航空研究開発機構勤務、日本航空宇宙学会名誉員、日本ロケット協会名誉員、AIAAフェロー、IAA正会員
技術応用; 超音速自由飛行模型、ロケットアイソグリッドタンク、地球資源衛星(JERS-1)

デブリ防御バンパー

氏名; 新野 正之 (にいの まさゆき) (工学博士)
専門分野; 原子力工学、ロケット工学、 伝熱工学、傾斜機能材料、エネルギー工学
主要経歴; 東北大学原子核工学専攻、航空宇宙技術研究所勤務、宇宙航空研究開発機構勤務、各種ナショプロの企画推進(FGM計画、LEP計画、LE-NET計画、SSPS計画、砂漠発電システム等)
技術応用; 沸騰熱伝達、再生冷却ロケットエンジン、傾斜機能材料、超硬カッター、TBC、熱電発電技術、レーザーエネルギー伝送技術、太陽光・熱複合発電システム、教材(商品名:ツインザラス)

氏名; 福永 久雄(ふくなが ひさお) (工学博士)
専門分野; 複合材料工学、最適構造設計、振動制御、構造ヘルスモニタリング
主要経歴; 東京大学工学系研究科航空学博士課程修了、宇宙航空研究所および航空宇宙技術所を経て東北大学工学研究科航空宇宙工学専攻教授
技術応用; 構造ヘルスモニタリング、振動制御等
詳細はホームページ www.ssl.mech.tohoku.ac.jp をご覧ください。

氏名; 升谷 五郎(ますや ごろう) (工学博士)
専門分野; 推進工学,圧縮性流体力学
主要経歴; 東北大学大学院工学研究科機械工学第二専攻修士課程修了,科学技術庁航空宇宙技術研究所勤務(昭和48年4月~平成7年3月),東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻勤務(平成7年4月~現在)
技術応用; 圧縮性気流試験,超音速風洞技術,高速エンジン,超音速混合/燃焼,粒子画像速度計測(PIV),レーザー誘起蛍光法計測(LIF)

氏名; 渡部 正直(わたなべ まさなお) (工学修士)
専門分野; 電気工学、レーザー
主要経歴; 電気メーカーにて研究開発・商品化業務(磁気記録ヘッド、光ディスク原盤、光学ピックアップ、PCのストレージデバイス)、産業機器の計測技術開発、海外工場赴任3回
技術応用; レーザーカッティング(リソグラフィー)による光ディスク原盤(金型)作製、レーザーの光学的変調技術、光学ピックアップの設計・製造と海外展開、ストレージデバイス開発

氏名; 渡辺 龍三(わたなべ りゅうぞう) (工学博士)
専門分野; 粉体加工学
主要経歴; 1966年東北大学大学院工学研究科金属工学専攻修了後
東北大学工学部材料加工学科助手,助教授を経て1986年東北大学工学部材料加工学科教授,2002年東北大学大学院教育情報学研究部・教育部,部長・教授,東北大学評議員、この間1981年マックス・プランク金属研究所客員研究員、1992年マックス・プランク金属研究所客員教授、2004年青森職業能力開発短期大学校校長(2009年満期退職)
技術応用; 粉体原料の作製、粉体の成形、粉体の焼結および焼結組織の制御、傾斜機能材料設計と作製(熱応力緩和型遮熱材料、熱電変換材料、圧電材料)
■著作権について
技術アドバイザーの文書及び写真は、本人の許可を頂いて、掲載しております。
原則として「一般財団法人航空宇宙技術振興財団」に帰属しますので、転載を禁止します。

コメントは受け付けていません。